toi toi toi

ちばわんMDたち30頭レスキューの子、預かってます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
犬親さまからメールをいただきました♪

まず、カサブタですが、食物アレルギーだったようです。
フードをベジタリアンのものにしたら、落ち着いてカサブタもできなくなったそうです
なんか分かりませんが、お値段高そうですね~、ベジタリアン。

でね!!
リボンちゃんって、誰にも吠えない子でしたよね?
誰にでもホントに愛想よくて~

それが なんと!
家族以外の人に吠えるようになったそうです

家族として認識してくれたのですかねー♪
だからとても可愛いですよ


↑とママさんがおっしゃってくれてます。





紹介しそびれちゃったのですが、1月に一度お伺いしてます。
お姉ちゃんたちが、頑張ってお世話してくれてましたよ~。
うちなんて、子供から”犬がウンコした~”って買い物途中の私に電話がかかってくるのですけど
女の子ってすげー!!と思ったり。
テーブルの上の大皿に盛ってあった高級刺身を全部食べちゃったとか・・・
ママさんのご実家で高い絨毯を新調したため、粗相があってはいけないとオムツをしたら
すごい勢いで吠えて自己主張し、オムツ外させてしっかり粗相とか・・・
なんかいろいろ武勇伝。
でも、 可愛い~ 本当に良い子で~ 家族ですから~って。
パパさんと一緒に寝ている可愛い写真も見せてもらって♪




りぼん、幸せになりました





スポンサーサイト
ここに書いていいか迷ったのですが、我が家のハナのことを少し。。。
見てくれる人がいるかもしれないうちに。。。

ハナ は、ペットショップで購入した子です。
うちの近くの超大型ショッピングモールで、子犬がたくさんいるところです。

そのころ私は、悪徳ショップについての知識もほとんどなく、ブリーダーについても
儲からないのによっぽど犬好きな人がいるもんだ、くらいにしか思っていませんでした(恥

ある日、買い物のついでに、フクにおみやげを買おうとペットエリアへ行きました。
すると、ショップのお姉さんが少し大きくなった子犬を抱いて立っています。
”抱いてみませんか~♪”ってやつです。
つい・・・抱いてしまいました。
そこからは、お決まりのセールストークです。
私も、フクのあまりの可愛さに、もう1頭くらいいてもいいかな、
なんて思っていたところでした。
しかし、その子は、売れ残っているのが不思議なほどかわいい子でしたので、
すぐにおうちが見つかるだろうと思いました。
♂だったので、フクとの相性も心配でした。
(一般的には ♂×♂ よりも ♂×♀ のほうが相性は良いと言われています。
ちなみに最悪なのは ♀×♀ で合わないと陰湿だそうです。人間と一緒ですね(笑)。)
で、ショップのお姉さんに女の子のほうがいいと思っているんです、って言ったら・・・
お店の奥から出てきたよ・・・すごいのが・・・
ブサイク(今では考えられな程!顔むくんでいた?)でウンコまみれでハイパーでデカい!!
見た瞬間、ダメだこの子、絶対に売れない、と確信しました。
売れ残っちゃった子ってどうなるんでしょうね。。。

で、うちの子になりました。
そのショップは併設の病院があって、”下痢をしているが、問題ない”と言われ
念のため、と出されたのは、ふつうの虫下しの薬でした。

しかし、しばらく様子を見たものの下痢は一向に収まらず。

近所のかかりつけで診てもらったら、コクシジウムでした。
コクシジウムは原虫の一種で、薬で駆虫できますが、普通の虫下しでは効果がありません。
かかりつけ医によると、つい最近もそのショップから来た子でコクシの子がいた。
ショップは分かっていて治療もしなかったし、犬を欲しいという人に教えなかったんだと思う、と。
だから、連絡しても無駄だと。
私は(コクシはうつるので)ショップに連絡して、同じような症状の子がまだいるなら
治療してもらおうと思ったのですが・・・

私は求人情報を見るのが好きで、フリーペーパーなど、良く持って帰るのですが、
そのショップはよく求人だしてますね。
もともと犬猫が嫌いな人はペットショップで働きたいとはあまり思わないはずですから、
働き始めて、現実を知って、ショックを受ける人が多いのだと思います。
私の接客にあたったお姉さんは6頭飼っているといいました。
すぐ近くにいたショップのお兄さんは3頭飼っているといいました。
私が多頭は不安だと言ったので、セールストークの一部ではあったと思うのですが、
今思うと、売れ残った子や具合の悪い子を前にして耐え切れず連れて帰っちゃったのかな・・・と。
お姉さんは、ハナをすごく値引きしてくれました。
もうちょっと顔が長くなってさらに可愛くなくなるかもしれませんよ、的なことも言ってました。
心配していたんだと思います。。。

誰が、何が悪いのでしょうね。。。

ブリーダーもそうですが、ペットショップやホームセンターのお店の奥に、
治療もしてもらえず苦しんでいる子が今もたくさん居るかもしれないと思うと、せつなくなります。
遅くなりました!
誰も心配していないと思いますが、

りぼん、お正月明けに無事に正式譲渡となりました

万が一・・・

いや、億が一・・・

お断りされちゃったら・・・

うちの子にしちゃう♪
とか企んでいたけど(笑)


しかし、そんな野望も打ち砕く、あっかるーいママさん。
ハッキリと微塵の迷いもなく”正式譲渡お願いします”と。


****


お正月に、私の実家へ行ったとき、りぼんの話もしたんですよ。
そしたら母が、”うち(実家)に置いたら良かったのに”って。

私のパート仲間、なぜか犬を飼っている人が多いのです。
(40代、50代が多いかな~)
しかもMダックス。
で、2頭目にいかが?なんて、冗談半分、本気半分で話した
こともあったのですが、そのうちの一人が最近になって
”まだいるならウチで・・・”と言ってくれました。

****

モテモテりぼんちゃん♪♪
どうか、最後まで幸せに暮らせますように!!
いぬ親さま、よろしくお願いします。


今日、いぬ親会のお手伝いに行きました。

遅刻のうえ、初心者でオロオロしてしまい、役に立ったかは微妙ですが^^;

いろんな子を見ているうちに、中型でも小さめの子なら預かれるかも!!
などと盛り上がって帰宅。
夫に相談したら・・・
預かりは居なくなったときに寂しいから、助けたいなら次はうちの子にして欲しい
と言われてしまいました。

うーむ。
そういう選択もあり!?
考え方もいろいろです。

しかも、
うちの子にするなら、りぼんが良かった!って。
それはただの駄々っ子だよ。
りぼんもう帰ってこないと思うよ(笑)。

PB260029.jpg
女子シンクロ(りぼんがいたときの写真です)
先週の金曜日夕方、りぼんをご家族のもとへ無事送り出してきました。

すっかり準備万端で迎えていただきました。

なにも心配がいらないご家族です。
私も不思議と寂しいとか心配とかいう感情はほとんどないです。
家が近いから、また会えるしね!

お届け前日に写真をたくさん撮りました。
オヤツ使うと、いい顔をして目線をくれるんだけど、集合写真になってしまうという・・・^^;
でも、もうお見合い写真じゃないから、ウチの子一緒でもいいよね。

PB280075.jpg
PB280070.jpg

どんどん前に来ちゃうりぼん。
PB280081.jpg
フク兄さん(こげ茶)の我慢している顔がせつない(笑)↓
女子たちは、早くよこせ、と申しております。
PB280083.jpg
PB280084.jpg

かわいいストーカーちゃんでした。
(階段上で待っているの図)
PC010123.jpg


いぬ親様、H様、えらく食いしん坊な子ですが、よろしくお願いします♪
DSCN2790.jpg
お言葉に甘えて、また遊びに行っちゃいますので、お覚悟を(笑)!!



オカンさん始めレスキューに係ってくださった皆様、
ご支援・応援していただいた皆様 ありがとうございました。
皆さまのおかげで、(プチ改め)りぼんを無事に
素敵なご家庭に送り出すことができました。


次、預かりの予定がないので、こちらのブログはしばらく放置になります。
また、正式譲渡などいぬ親さまからご連絡いただいた際にはこちらでご報告いたします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。